アマゾン、読み放題サービス日本上陸か

アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本で8月にも開始するという情報があります。
すでにバナー広告が用意されているとの情報もある。Amazon.co.jpのサイト上に「Kindle Unlimited」のバナー広告が表示されていたとの目撃情報が25日、画像付きでTwitterに投稿された。
月額980円で、5万5000冊以上の本が読み放題になる?
「Kindle unlimited」は電子書籍の月々定額制の読み放題サービスです。
2014年にアメリカでサービスを開始。アメリカのほかにも、イギリス、イタリア、スペイン、ブラジル、フランス、メキシコ、カナダ、ドイツ、およびインドの10か国では提供されています。
Twitterに投稿されたバナー広告の画像には、月額980円で、5万5000冊を超えるタイトルと、数千に及ぶオーディオブックに無制限でアクセスできるとあります。果たして日本でのサービスは開始になるのでしょうか?
本好きの人には待ちきれないのではないでしょうか?

4度騙されたふり、お手柄の89歳

3度詐欺の被害にあいそうになった男性が、3度とも詐欺を疑って警察に通報、結果3人の受け子を逮捕するに至った。そして新に今回4件目の手柄を立てた。
さいたま市北区の住む89歳の男性のもとに、21日午後1時ごろ電話がかかってきた。次男を名乗る男からで、「小切手がなくなった、現金270万円を代わりの者に渡して欲しい」などと言ってきた。
男性は以前、同じような電話を3件受けて3件とも通報し手渡し詐欺の受け子逮捕に貢献してきた。今回も男性からの通報で大宮署員がかけつけ、受け渡し場に現れた23歳の男を逮捕できた。この男は容疑を否認している。
同署は「同じ人物を狙った手渡し詐欺事件で、4人も逮捕されたのは全国的にも珍しいのでは」と話し、男性を表彰することも検討しているという。
4度も詐欺の電話がかかってくるとは、どこかの業者に番号が流出している可能性もありそうだ。男性は表彰されてほしい。

インドネシア海軍、中国船拿捕

インドネシア海軍は19日、南シナ海のナツナ諸島沖で違法操業したとして中国船1隻を拿捕したと発表しました。
中国外務省は拿捕の過程で船員1人が負傷したと発表したが、インドネシア側は否定しているとのことです。
海軍によると、違法操業があったのは17日で、中国船は現場から逃走しようとしたため、海軍軍艦が船体に警告射撃を行ったそうです。
中国外務省の華春瑩・副報道局長は、中国は海警艦船を現場海域に緊急に派遣し、負傷した船員を救助したと述べた上で、インドネシア側に「強烈な抗議」を行ったことを明らかにしました。