美しいビーチでも細菌に注意

米ハワイ大学の研究チームが今年6月、海水浴に関する衝撃的なデータをまとめ、論文として発表しました。
「エンバイロメンタル・サイエンス&テクノロジー」誌掲載の論文によると、ハワイのビーチで砂と海水に含まれる大腸菌などの細菌の量を調査したところ、砂に含まれる細菌は海水の10~100倍多いことが判明したそうです。その原因は細菌が減る速度が砂の方がかなり遅いためだそうです。砂についたバイオフィルムというぬめりのような膜が細菌を守る役目をするほか、殺菌作用のある日光が砂の中には届きにくいということが、細菌を生きながらえさせる結果につながっているということです。
今年、東京都江戸川区・葛西臨海公園に、都心としては約50年ぶりとなる海水浴場がオープンしました。高度経済成長期の1960年代以降、東京湾の水質が悪化して、島しょ部を除き東京から海水浴場は姿を消しました。同公園では2013年から期間限定で遊泳可能になったものの、顔を海面につけてはいけないという条件付きでした。このたび、水質が改善されてめでたく顔つけOKの「海水浴場」として認められたそうです。日本の海水浴場は糞便性大腸菌群数が100ミリリットル当たり1000個を超えると不適とされます。海水を飲むことで食中毒症状が起きる可能性があるためです。
しかし今回の報告によると、海水以上にビーチの砂の方がずっと危ないということがわかりました。砂を飲み込むことはないにせよ、砂まみれになるのは避けた方がいいかもしれません。よく砂風呂や砂遊びをしたり、ビーチバレーで砂まみれになっている人がいますが、これからは気を付けたほうがよさそうですね。