足の疲れ改善

日頃から、立ちっぱなしのお仕事をしている人にとっては、足のだるくて重い疲れは悩みの種ですよね。
1日に3~4時間の立ち仕事をすると、年間で10回のマラソンをしたのと同じくらい足には負担がかかっているそうです。
足が疲れる原因は、うっ血によって起こるものと言われています。うっ血とは、血流が停滞した状態のことを言います。血液がうまく純化することが出来ずに、一部に溜まって増加している状態のことで、足に血流が溜まってしまっていることになります。なので、できるだけ足のだるさを抑えるためにも、疲れないたち方をマスターしましょう。自分の身体の中心が、おへそから数センチ下の部分のおなかの中心部分が中心になるようなイメージで立つようにしてみましょう。そうすることで、足が疲れにくくなります。